« 天使の作り方をUPしたよ | Main | 折り紙でひなまつり その2 »

Feb 10, 2007

折り紙でひなまつり その1

立春も過ぎたことだし、と
千代紙をひっぱりだして「おひなさま」作りに励んでいる。

 

折り紙のひな人形作品は、それはもういろいろあるけれど、
おかものはし が 一番お気に入りなのが
丹羽兌子さんの「立ち雛」

丹羽兌子 氏作 立ち雛

折り紙って、複雑なものになると
紙の厚みが邪魔になって
折りがずれちゃったりほどけちゃったりが厄介なんだけど、
この「立ち雛」は折り工程がそんなになくて
その割には見た目が豪華で栄えるので
厚い和紙を使っても、小さなお雛様が折れるのがいい。

壁掛け雛 だから、100円ショップで買ってきた収納できる雛セット
コースターと組み合わせて
ミニタペストリーにしたり、
掌サイズセットにしたり
いろいろ可愛く楽しめる。

以下は、自分でも作ってみたい方のために。

「おひなさま」は成美堂出版から出ている
親子でつくろう!遊べるおりがみ」という本に
くわしい折り方が載っている。

この本自体も、折り紙好きなら持っていて損はない本で、
おかものはしのおすすめです。

セットにつけたぼんぼりは、
伝承折り紙の風船の折り方をちょっと変えたもの
Baloon6 (ここのところで
 吹き込み口側が細く
 てっぺんが太くなるように
ななめに折る)を、爪楊枝にさして、
足の部分はこういう形のビーズ(ダイソーにある)
に差し込んで出来上がり。
黒いのはマジックで塗ってあるだけ。

 File0410
台も、100円ショップで2枚105円の
ゴムの木のコースター。
これも、太いマジックで塗れば素敵な黒塗り台になる。File0411

収納ケースはVHSビデオテープのスリーブに
真ん中に切り目を入れて二つ折りにしたもの。
安上がりでよい。
開かないように輪ゴムをかければ、なおよし。

さぁ、みんなでやってみよう。

|

« 天使の作り方をUPしたよ | Main | 折り紙でひなまつり その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72591/13857599

Listed below are links to weblogs that reference 折り紙でひなまつり その1:

« 天使の作り方をUPしたよ | Main | 折り紙でひなまつり その2 »