« 折り紙でひなまつり その2 | Main | 山脇由貴子氏講演会in前橋 その1 »

Mar 30, 2007

復活の白

本屋で遊んでいたら 笠原邦彦 氏の新刊があった。

白のおりがみ」でアイデアいろいろ!長方形で折る長方形で折る―「白のおりがみ」で、アイデアいろいろ!』/笠原邦彦 著
  日貿出版社/2007年3月発行
  本体価格1400円

「はじめに」という序文がすごい。
おりがみの本なのに、
いきなりトールキンの『指輪物語』の紹介から始まって、
その中に出てくる「灰色のガンダルフ」という魔法使いは、
一度命を落とすが、後にパワーアップして
「白のガンダルフ」として蘇った、という説明に続く。

おりがみ界の大先達、
日本を代表する折り紙折りの笠原氏であるが、
”美しい四角の色紙の造形遊び”を
あまりにも深く追求なさった末、
”「とうとう卒業か!」”との思いに到達されたのだそうだ。
掲載作品より「頭巾の人」と、その時、笠原氏の目にとまったのが、
ごくごく普通のコピー用紙。
こうして笠原氏は
「白い用紙」の世界へと誘われ、
「白くなって」復活を遂げたのでした。
メデタシメデタシ。

と、まぁ、ここまで序文に書かれちゃあ、
トールキンファンで折り紙好きとしちゃあ
購入即決!しないわけがないわけで・・・・。

で、序文にある通り、
この本は普通の折り紙ではなく、
A5とかB6とかの短編と長編の比率が1:√2の長方形
いわゆる「シルバー矩形」の用紙を用いての
折り紙作品を紹介した本である。B5のトレペ使用

紹介された作品は、
その造形美のみを愛でるには
どれも白一色のほうが
むしろいいってのが驚き。
ほんとに、紙って
折って広げてまた折ってやると
こんなに美しい曲線が隠れていたのかって
ため息が出る。

ちょっと上等な紙で折ってやれば
まんまインテリアになるような
そんな作品ばかりなので、
全作品制覇するように、がんばろっと。

|

« 折り紙でひなまつり その2 | Main | 山脇由貴子氏講演会in前橋 その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 復活の白:

« 折り紙でひなまつり その2 | Main | 山脇由貴子氏講演会in前橋 その1 »