« 山脇由貴子氏講演会in前橋 その1 | Main | マクロスの紙飛行機 »

Apr 23, 2007

山脇由貴子氏講演会in前橋 その2

・・・・・・・その1からお読みください。・・・・・・・

出版後よく訊かれることのひとつに
「どうして子どもたちはこんなに簡単に死んじゃうんだろう」
というのがあるそうだ。
これには、氏は、報道でお葬式で先生たちが
土下座するシーンなんかを流すのもいけないんじゃないか、
と、思っているそうだ。
氏がいうには、
人間って、自殺するとき
死んだあとのことを想像しながら死ぬもんだと、
まるで自分が死んだあとのシーンを空の上から眺められるんだ、と、
そういう思いで死ぬんだ、特に自殺する人はそうだ、と。

自殺する人がそう思って...という視点は考えたことがなかったが、
おかもが思うに、こういう質問をする人は
ターゲットの無力感というものがぜんぜんわかっていないに違いない。
何をしても無駄、あまりにも無力だと思っている時に、
自分の死が大人をあたふたさせる力があると映像で見せられて
結論にとびつくなってほうが、どうかしてると思う。

さらに自殺について氏が語ったところによると、
今の子どもたちは皆
「大人になりたくない」とよく言うんだそうだ。
大人は大変そうで、いいことなさそう、
長生きしたくない、楽しそうじゃない、
そんな子どもたちの声をよく聞くと。
「30になって・・・」とか言うと、
「俺、そんな先まで生きてるつもりありませんから」って
そう言われるんだそうだ。

また、親たちも子供の将来に悲観的だ。
ほっといたら、子供は不幸になると思っていて、
今から頑張らせないと、負け組になる、
経済的にきっと苦労するとしか思えなくなっていて、
すごく、子供の将来が心配でたまらない、それが今の親だと。

子供って実は親の思いにとても敏感で鏡のように写しとるという。
親がそうだと、子供はどんどん暗くなるしかない。

だから、大人が今を、毎日を楽しんで、
ずっとひとつことやってると疲れるから、
たとえまわりに責められても、役割をいくつか持って、
いろんな自分になって、
「外に出るとなんか楽しいことあるみたい」
そう子どもに思わせなくちゃ。

仕事なんて、まわりの人を気にしたらいらいらしちゃう。
私の邪魔さえしないでくれればいい、それくらいの感覚で、
家庭でも、一日一回笑えれば幸せ、
それくらいのほうが幸福になれる。
私は、そうなんですよ。と、
にこやかに氏はおっしゃるのであった。

一時間弱の講演のあと、
30分ほど質疑応答の時間がもうけられた。
「実は今いじめられてて・・・」
「今、学校でこういうことがあって」のたぐいの
いじめ相談会になったらどうしようと思っていたのだが、
参加者の少なさがプラスに作用したようで、
けっこう建設的な質問がなされて、この時間も面白かった。
「保護者と話し合って協力が必要とのことだが、
 最初からけんか腰で怒鳴り込んでくる保護者には
 どう対応したら」とか、
「ターゲットはとにかく学校を休ませろというが、
本人がどうしても登校するといいはる場合は?」とか。

おかもも、本を読んで、
これはそうだなという部分が大部分だったのだけれど
いくつか、これはそれというよりはこうでは?という部分もあって、
お会いしたら訊いてみたいことはたくさんあった。
で、とりあえずひとつだけ訊いてみた。
「学校はいじめに対するルーティンみたいなものができていて
 いまさら親が参加しようとしても
 自分達のやり方で通そうとする。
 保護者は、自分のことでいっぱいいっぱいで、
 PTAのクラス役員すら押し付け合って、
 決めるのに一時間ももめたりする。
 さらには給食費すら払わない親だって...
 こんな現状なのに、とにかく大人たちが仲良くして
 風通しよくして皆で子どもを守らなきゃって言われても
 きれいごとにしか聞こえないという思いがある。
 そんな風にしか思えない時はどうしたらいいんですか?」と。

氏が言うには、
たしかにそういうこともある。
ただ、氏はこの本を出版していろいろな人と出会い、
そこにいくつもの光を見ている、と。
たとえ今、思いがうまく伝わらず、実りがなくても
きっと10年後15年後には今よりよくなっているし
そうでなくてはならない。
だからあきらめず少しずつやってみれば、
きっと光が見える、と。

答えてもらって、素直に感動してる自分と、
さすが心理司! 手詰まり感への反対説得として満点だな、
そうか、愚痴ってる人間には未来を語って
時空軸をひとつふやして
視点と角度変えてやるってのがきくんだぁ、
とか、思っちゃってる自分がいたりで
なんかなんかだったのだけれど。

本当に大変勉強になりました。
山脇由貴子先生、ありがとうございました。

|

« 山脇由貴子氏講演会in前橋 その1 | Main | マクロスの紙飛行機 »

Comments

nino様、ご来観&コメント、ありがとうございました。
おかも長男が通っていた中学は不登校が結構いて、「そういう子をとにかく進学させちゃう」マニュアルが確立しかかっている感があります。つまりレールをはずれた子には別のレールをいくつか用意してくれるのですね。それで進学する子が大多数ですが、「もう金輪際レールなんか乗るもんか」と思い込んでいる子とは、そもそもコミュニケーションがとれていなかったのでした。あの時、これが見えていれば、まったく学校には期待しなかったろうと今思うのですが、その時はおかもも、本人が先生と相談して通信なり単位制なりどっかに進学するような流れになっているのだと、愚かに願っていたりしたのでした。
今、長女が同じ中学へ通っており、おかもも今年はP役員なので出入りしますが、いつ行ってもP用の会議室に教室へ行けない子がひとりでぽつーんと座っているのですわ。ひとりで、ひたすら解放される時刻を待ちながら、何もしないで窮屈そうに。そんなにまでして登校しなくてもいいのに、と、おかもは思うのですが、他に居場所がないのかもしれませんね。

Posted by: おかも本人 | May 15, 2007 at 10:40

 「教室の悪魔」は僕も、図書館で借りて読みましたが、その内容の凄惨さに驚いてしまいました。 
 僕は不登校を抱える子どもの親ですが、不登校の親になって初めて分かったのですが、学校というところは、こんなにも敷居が高いところなのか!ということです。おそらく、ほとんどの学校が子どもに、異常なまでの緊張を強いる空間ではないかと、思うのです。学校がうまく運営されるために、子どもを従属させている、そう感じてなりません。いじめと不登校は、そんな学校の問題を違った形で表しているのかもしれません。子どもや自分たちのためにも、できることからやっていくしかないとは思っていますが。

Posted by: nino | May 13, 2007 at 11:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72591/14823897

Listed below are links to weblogs that reference 山脇由貴子氏講演会in前橋 その2:

« 山脇由貴子氏講演会in前橋 その1 | Main | マクロスの紙飛行機 »