« 山脇由貴子氏講演会in前橋 その2 | Main | 折り紙でかぶと »

Apr 29, 2008

マクロスの紙飛行機

マクロスシリーズ最新作、マクロスF の主人公、早乙女アルト君は
作中でやたら紙飛行機を折って飛ばす。
あるときは、銀河系アイドルのコンサートのポスターやチラシを、
あるときは、懐から常に携えているのか白い紙をとりだして、
また、あるときは中華飯店で卓上の紙ナプキンを
とにかく飛行機にして飛ばしまくる。

四角い紙から折りだすタイプの紙飛行機というと、
戸田拓夫さんという方の「スカイキング」が有名だ。
滞空時間の世界記録を出した作品で、
上手に飛ばすと20秒近く飛ばしていることができる。

こちらがスカイキング。skyking    

スカイキングをはじめとする
よく飛ぶ紙飛行機いろいろの
作り方(折り方)はこちらの本をどうぞ。


で、アルト君の紙飛行機であるが、
ポスターで折った時の模様の出方から考えると
このスカイキングだということはないみたい。
だいたいアルト君のは先端がとがっているけど
スカイキングはとがってないし。
アルト君のは、たぶんこういう紙飛行機。

紙飛行機折り方

 





実際に作って飛ばしてみると、
紙飛行機もなかなか奥が深くて面白い。

上記の本に、紙をちょっとひねって昇降舵をつけるやり方や、
翼がまっすぐなほうが安定するので
紙をしごいてたるみを直す方法などが紹介されているのだが、
本当にほんのちょっとした加減で飛び方が変わってくる。

また飛ばし方も、勿論重要である。
何度かやってみてコツをつかまないと上手に飛ばない。
アルト君は飛ばし方が上手だと思う。

アニメの作画としても、目一杯上昇させる飛ばし方、
まっすぐ遠くへ飛ばす時、室内を軽く旋回させる時、
それぞれの飛ばし方のフォームがちゃんと描きわけられているようで
ちょっと関心した。

もっとも、折り方のほうは、それほどきちんと描いてなくて、
たとえば横半分には折ったりしないはずなんだけど、
なんだかそれっぽい絵があるし。
スタッフさん、折り紙はしないのね。

|

« 山脇由貴子氏講演会in前橋 その2 | Main | 折り紙でかぶと »

Comments

「蒼のエーテル」見るとこんな感じですよね?

Posted by: せんす | Sep 13, 2008 at 01:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72591/41027156

Listed below are links to weblogs that reference マクロスの紙飛行機:

« 山脇由貴子氏講演会in前橋 その2 | Main | 折り紙でかぶと »