« 紅葉の切り方 | Main | ハロウィーン柄を追加 »

Sep 28, 2009

素敵なブログをご紹介

とっても綺麗な写真が満載の
ローズウィンドウ関連のブログ を見つけたので、
ご報告です。

平田朝子さんという関西で活躍なさってるフルート奏者の方の
「色と形と音のセラピー」というブログです。

とにかく写真が優雅で綺麗。
花と一緒にローズウィンドウを飾った写真
とかあるんだけど、そのまま絵葉書やカードにできそう。
オリジナルデザインのローズウィンドウも素敵です。

平田さんのローズウィンドウ見ながら私が思ったのは、
やっぱ音楽やってる人がアートやると違うなぁって。

3年ほど前の話だけれど
長女が中学に入学して美術部に入部して初めて油絵描いたとき、
同時期に入部した子たちの油絵も一緒に観賞する機会があったのね。
ほとんどの子が小学校あるいはそれ以前から知ってる子たちで
油絵もその子なりの個性が出ていておもしろかったんだけど、
その時気がついたのは、
「ピアノ習ってる子の絵とそうでない子の絵は違う」ってこと。

言葉ではうまくいえないんだけど、細部への神経のはりめぐらせかた
というか、
全体のバランス感というか、とにかくなんか違うんだよね。

ダンスとかで指先まで綺麗なのが綺麗とかって言うじゃない?
でも、そういうのって知識としてわかっていても、
何時間も努力して体にたたきこんで、初めて自然にできることであって、
知ってるだけじゃダメな類のことなんだと思うわけ。
で、長女やピアノとかやってない子の絵と
ピアノやってる子の絵をくらべると、
なんかそういう類のことを習得済みかそうでないかの違いが出てる
その時、そういう感想を持ったんだよね。

で、平田さんのローズウィンドウ見てると、
そういう部分でおかものはしが絶対かなわないってとこを感じる。
ぱっと見て「うあ、優雅」とか「きれい~~」って思わされるその奥に
作者の豊かさというか層の厚みを感じるんだよね。

というわけで、ローズウィンドウに興味ある人もない人も
必見、おすすめのブログです。
完成品や図案の販売もなさっているそうなので、
興味のあるかたは是非どうぞ。

んで、おかものはし本人は
「踊っていないと生きてる気がしないの」なストリートダンサー
っていうか、
「紙、切ったり折ったりしてないと不安で不安でつぶれそうなの」
という、ただのビョーキな人間なので、
これからもただのビョウキな切り紙を続けていきます。
というわけで、こちらにも応援よろしく。

絵葉書風 ちなみにこちら
平田さんに影響されて
絵葉書風の画像を
作ってみました。

我が家には
しゃれた窓辺も
仏壇以外のお花も
なかったので、
トイレに山のように
飾ってある義姉の
猫人形コレクション
の中から一匹
お借りして撮りました。

|

« 紅葉の切り方 | Main | ハロウィーン柄を追加 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72591/46334708

Listed below are links to weblogs that reference 素敵なブログをご紹介:

« 紅葉の切り方 | Main | ハロウィーン柄を追加 »