« 桜の花の切り方 | Main | ローズならぬキャットウィンドウ »

Mar 12, 2010

ローズウィンドウ 桜と蝶

先月、中学高校時代の友人たちと会う機会があって、
ローズウィンドウを見せました。
そこでもらったアドヴァイスを元に
貼りつけ順番を変えてみました。

Sakuratocho_2

Bandcomote 光に透かさない
切り紙模様が
表裏で楽しめ、
さらに光が
さしてくるとまた
別の模様が浮き出る、
という趣向です。Bandcura

一番外側に
壊れやすい複雑な
切り紙があるので
表、裏ともクリアファイル
を切ったもので
覆ってあります。

ラミネート加工って方法もあるけど、
デリケートな切り紙を上手にラミネートするのが難しいし、
紙とラミネートが接着されちゃうので
なんか切った紙が呼吸困難になってるみたいで
わたしの感覚的に厭なんだよね。

その点クリアファイルをのっけただけのは
切り紙を充分に保護してくれていてしかも
間に空気の層があるから質感が変わらないし、
クリアファイルそのものが安いし、加工が簡単だし、
言うことないわね。
お勧めです!
Bandcparts
Bandccut
5角形ベースの切り紙を作るための
折り紙の折り方は前回の記事を参考にしてください。

|

« 桜の花の切り方 | Main | ローズならぬキャットウィンドウ »

Comments

すごいです!!(゚ロ゚屮)屮
私もローズウィンドウやってるんですが、
おかもサンみたいに自由に切れません・
切り紙は初めて2年なんですが、
ローズウィンドウはまだ半年しかたってません。
もう少し勉強してから頑張りますshine

Posted by: まぶね | May 08, 2010 at 21:23

あずささん、いらっしゃいませ。
コメントの返事、遅れてごめんなさいね。(春休みで、子供にパソコン取られてなかなか書き込み時間あかなくて。。。)
切り紙も2年ほど前からずいぶん流行ってきましたが、出版された本を見るとどれも型紙があってそれを写して切るものばかり。でもね、私はそれじゃつまんないと思うんです。だっておかもは広げた時の模様との出会いを楽しむために切っているようなものだから、あらかじめデザインがあって、というのはなんか違うのよね。だからいつもハサミにまかせて、同じものは2回は作れない、でやっています。
いつか、型紙を使わない、ハサミ任せの切り紙手法みたいのをまとめて紹介したいなぁと思っていたりします。あずささんも、また、お寄りくださいませ。

Posted by: おかものはし本人 | Apr 06, 2010 at 08:01

 はじめまして。ローズウィンドウが好きになり、こちらにたどり着きました。たまたま本を見つけて、そのとおりに作っていたんですが、いずれはオリジナルに挑戦したいと思いました。

 他のサイトで小さいローズウィンドウを販売していたので購入しましたが、おかものはしさんがおっしゃる、ラミネート加工されたものでした。綺麗は綺麗なんですが、私も同意見です。べったりしちゃうとつまらない感じがします。紙と紙の隙間があって、そこから伝わる空気感というか、ふんわりした感じがいいなぁと思うのです。
 まだまだ自由に作れない私ですが、作り方のなかで目からウロコがたくさん。もっと自由でいいんだぁ~と思い、わくわくしてきました。

 長々書き込みさせていただきました。ごめんなさい。またお邪魔します。

Posted by: あずさ | Mar 22, 2010 at 22:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72591/47789163

Listed below are links to weblogs that reference ローズウィンドウ 桜と蝶:

« 桜の花の切り方 | Main | ローズならぬキャットウィンドウ »